若い世代に復活したフィルムカメラの楽しさ

若い世代に復活したフィルムカメラの楽しさ

若い世代に復活したフィルムカメラの楽しさ

トイカメラ、覗いてみると意外に奥深いことを知らされます。

それこそシャッターを押すだけのシンプル構造から、すべてマニュアル操作でレンズまで交換できる一眼レフのトイカメラまであり、さらにフィルムの種類が豊富で、しかもフィルムの特性を無視、まったく違う用途で使うことが許されています。

トイカメラ、というチープな響きを侮ることはできません。

専門的になれば、デジカメから始めた若いプロカメラマンでは及びもつかないフィルムに関するテクニックと知識が必要なのです。

スポンサーリンク

でも、フィルムカメラから始めた中年以降の人にとって、「?」と言う部分があるはず。

だって、それらの知識ってフィルムカメラなら当たり前の知識じゃん?という感じですね。

全くもってその通り。

デジタル全盛になった数年前、デジタルの画風に物足りなくなった若い世代がフィルムによる写真を新鮮な感覚で捉え、クラシカルでチープなフィルムカメラで写真を撮り始めたことがトイカメラなのです。

若い世代でこれからトイカメラを始めてみよう、という人、ぜひお父さんやお母さんに古いフィルムカメラがないか聞いてみてください。

それらのカメラでも十分にトイカメラの愉しさを味わうことができますから。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional