中判フィルムは今でも需要あり

中判フィルムは今でも需要あり

中判フィルムは今でも需要あり

フィルムの話、続けましょう。

次に紹介するのは120フィルム。

ホルガ120シリーズに使用するタイプですね。

じつはこの120フィルム、縦幅が60mmあり、引き伸ばし率が135フィルム、いわゆる35mmフィルムよりも低いため、スタジオなどの商業写真撮影に使われていた中判カメラ用のフィルムなのです。

カメラによって縦60mm幅をそのままに、横幅を自在に変えられるようになっており、横幅45mmを6×4.5判(ロクヨンゴ)、同じく横幅60mm、正方形になる写真を6×6判(ロクロク)と呼んでいます。

スポンサーリンク

ロクヨンゴで16枚撮りが基本ですが、これの倍、つまり32枚撮れるタイプを220フィルムといいますが、トイカメラでは縁のない世界なので省略。

中判カメラはプロの現場でこそデジタルに変わりつつありますが、ハイレベルのアマチュアに取っては主流となるだけにフィルムも依然として各メーカーより販売されています。

販売終了になる可能性は今のところ低いフィルムです。

135はもっともポピュラーなフィルムですね。

パトローネと呼ばれる金属製の一軸マガジンに納められており、明るいところでもフィルム交換が可能な画期的な商品でした(デジタル世代から見れば、どこが画期的なのかまったく分からないでしょうけれど)。

135はフィルムのスタンダードであるだけに、種類も豊富でメーカーもいろいろあります。

120同様、こちらも今のところ販売終了になる気配はありません。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional