フィルムと現像代は高いか安いか?

フィルムと現像代は高いか安いか?

フィルムと現像代は高いか安いか?

フィルム式カメラを使う場合、やはりフィルムの価格のことを十分に考えることが先決です。

今、販売されているフィルム価格は一般的な36枚撮りで700~1,000円ぐらい。

このフィルムを現像に出すと、35mmネガフィルムの現像代が600~700円、それらのプリントを行うとL版で30~40円が相場といったところでしょう。

仮にフィルム代を700円、現像代を600円、L版プリントを30円として、36枚の中から気に入った写真10枚だけプリントしたとします。

36枚撮り一回の撮影をしただけで1,600円かかるわけですね。

スポンサーリンク

これ、デジタルなら光沢紙を使ってプリントアウトするだけですから数十円で済むのです。

高いですか?それとも安いですか?

この価格に魅力を感じた人は迷わずトイカメラ、フィルムの世界に足を踏み入れましょう。

確かに1回で1,600円かかりますが、この価格にはデジタル写真にない価値があるのです。

ちなみに一時期、フィルム現像を行う町のD.P.E.がすっかり姿を消しましたが、最近のフィルムカメラ愛好家の増大により、大手全国チェーンのD.P.E.が増えました。

カメラのキタムラがいい例で、フィルムだけを現像、それを見て気に入った写真だけを自由なサイズでプリントしてくれる他、CDへの書き込みも行ってくれます。

身近にD.P.E.の大手を見つけておけば、費用もグッと安くあがります。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional