トイカメラに必要なのは知識よりも想像力

トイカメラに必要なのは知識よりも想像力

トイカメラに必要なのは知識よりも想像力

何がどのように写るのか、それがトイカメラの楽しみ方のひとつです。

でも、実際に撮ってみると面白味に欠けたり狙い通りに撮れなくてフィルムを無駄にしたりするケースもあるでしょう。

予め狙った写真をトイカメラで上手に撮るコツ。

それは同じアングル、同じ画角のデジカメで同じ光景を撮り、被写体への光の回り具合や絞り値、シャッタースピードを予め確認しておくことです。

その写真にトイカメラの特性を想像で重ね合わせることができれば、出来上がり写真を予測できるでしょう。

スポンサーリンク

トイカメラの楽しさは偶然性もありますが、それ以上に狙った写真を狙い通り、あるいは狙い以上の効果が得られた時の喜びは偶然性のそれよりも大きいものがあります。

トイカメラには本格的でデジイチで撮るような専門知識は必要ありません(もちろん、それはあった方がいいのですが)。

どのように写真を楽しむか、という想像力の方が大事です。

感性、と言ってもいいですね。

フィルムカメラ初期の頃、まだフィルターなんてものがない時代、ソフトフォーカスをかけるために女性のストッキングをレンズに被せたのは有名な話です。

機材やフィルムも大切ですが、それら以上に想像力を働かせてください。

それが、トイカメラ上達法の王道です。

スポンサーリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional